1. クマを予防する
  2. 3 view

目の下のクマ予防のために…睡眠時間を増やします

寝不足続きで目の下のクマがすごいことになっています。

f:id:ryonryon888:20180108091623j:plain

やっぱり疲れていると酷くなるんですね、クマ。

目のクマの原因って睡眠不足だと思われがちですが、実は関係ない場合も多いんです。

寝ても寝ても改善しない場合は、色素沈着だったり、骨格だったり、肌質だったり原因は他にもいろいろあるみたいですね。

私の場合は色素沈着のクマが強いのですが、やっぱり寝不足だと明らかに目のクマが酷くなります。

茶クマと青クマがダブルで出ているせいで、すごく顔色が悪く見えてしまうんですよね。

ただでさえ年齢肌でくすみが気になるのに、クマも出ていると本当に顔色が悪く見えすぎて大変です。

だから、最近はせめて睡眠時間を増やそうと頑張っています。

f:id:ryonryon888:20180108091703j:plain

なぜ睡眠不足でクマが出来るのかというと、目周辺の血流が悪化しているからだそうです。

目元ってすごく疲れやすいですよね。

現代人はただでさえスマホやパソコンで目を酷使しているといわれています。

私も普段からスマホもパソコンも長時間見てしまいますし、視力が良くないのでコンタクトレンズも長時間付けています。

だからこそ、目の休まる時間が少なくて目元に負担が掛かってしまうみたいです。

目の下にクマを作らせない!目を休ませるためには?

しっかりと眠らなければ目は休めない。

目の休息時間が少ないと、目元の疲労が重なりクマとなって現れるんです。

ちなみに、目のクマを改善しようとたっぷり寝すぎていても逆効果みたいですね。

f:id:ryonryon888:20180108091736j:plain

睡眠時間を長く取ればクマは改善するのでは?と思われがちですが、眠りすぎると目元が運動不足になってしまうんです。

目元は動かしすぎてもいけないけれども、動かなさ過ぎると血流が滞ってしまいクマが出来てしまうそうです。

だから私は最近、睡眠の質を向上させるように心がけています。

睡眠時間を増やすことももちろん大切ですが、質の良い睡眠を心がけることもとても大切だと感じました。

f:id:ryonryon888:20180108091804j:plain

実践していることは、寝る30分前はスマホもテレビも本も見ないこと、目元のマッサージをしたり目元を温めること、白湯を飲んでぽかぽか温まってから眠ること、アロマを炊いたり眠りの質を高める香りを嗅ぐことです。

睡眠の質にこだわると、同じ睡眠時間でもぐっすりと眠れるし朝起きるときも心地よく目覚められるようになりました。

もちろん青クマも出来にくくなったような気がします。

クマを予防するの最近記事

  1. 目の下のクマを予防するためのエイジングケアとは?

  2. 自作パックで目の下のクマ予防をしています!

  3. 目の下のクマの予防には食生活の改善が効果的!

  4. アイクリームで目の下のクマを予防したい!

  5. 目の下のクマが酷いのは貧血のせい?予防は出来ないの?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP